ハラール認証についての基本的な考え方

日本で乱立するハラール認証マークについて、過去に記載しましたが
そもそもハラール認証とは何を確認されるのかという点は、下記の通りです。

・原材料
・食肉処理→シャリア法に則っているか
・工場→ハラームなもの、養豚場、下水処理施設から離れているか
・製造機械→ハラール専用のラインになっているか
・包装→包装材がハラームでないか

上記のように細かく確認がされる為、
原材料が多い加工品であればあるほど、認証取得が難しくなります。

また、中東であれば市場の食品が全てハラールなので、認証マークに必要性がなく
東南アジアになるとハラール食品とハラールでない食品が混在しているので
ハラール認証が重要視されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です